スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分屋

レコードになんで魅力を感じるのだろう?

基本的にレコードというのは、もう終わったメディアだと思っています(思いたくは無いけど)。
でも文化(カルチャー)としては立場を保っている。


CDの音はデジタルクリアーで薄くて鋭い。(個人的意見ですが…)

鋭い音が聴覚を刺激していて、これに耳が慣らされてしまって、柔らかくて厚みのある、落ち着いたアナログの濃い音色(レコードの音)に、懐かしさを感じるのではないかなと思う。


いくらデジタル化が進もうと忘れてはいけないものがあると思う。


レコードは一番劣化しにくいとゆわれているし、寿命が長い。

古臭いモノといわれればそれまでだけど、好きなモノはおそらく死ぬまで好きだと思う。

音楽は気分で聴くものだから、飽きることもないし、キライになることもない。

洋服も気分で着るものだから、飽きることもないし、キライになることもない。

だから好き。
スポンサーサイト

tag : デジタル レコード アナログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

マサト スミノ

Author:マサト スミノ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。